男性が苦手な人必見!“経験なし”を最強の武器に

男性が苦手な人必見!“経験なし”を最強の武器に

私はずっと男の人に対して奥手でした。
友達も女性ばかりで、女性5人で遊びに行くと言うことはあっても、男女混合でバーベキューや旅行なんてリア充みたいなこととは全く無縁でした。
そんな私が、男の人を落とすテクニックを、ある日ふと手に入れました。
ほんの偶然だったんです。

私が好きだった彼は、どちらかいうと寡黙な感じで、趣味が読書と映画でした。
すごく頭が良くて、高学歴で、ちょっと近寄りがたい感じもありました。
背が高くて、頭のいい人が好きな私は、ずっと彼に魅かれていたんです。
でも私じゃ無理と、思っていました。
にもかかわらず、彼と付き合うことが出来ました。

このテクニックは、そんなスマートなできる男性に特に効果的なテクニックです。
あなたの好きな彼が同じようなタイプだったら、ぜひ試してみてください!

 きっかけは偶然でした

社内のメンバー15人ほどで飲みにいったときのことでした。
偶然、彼の隣になりました。
引っ込み思案な私は、もじもじしていました。
すると優しくて気の遣える彼は、私にいろいろ話しかけてきてくれました。

きっと彼は楽しくて、面白くて、料理が上手でって子が好きなんだろうと私は思っていました。
だから彼に気に入ってもらえるように、そういう女の子を演じたかったです。
でも好きな人相手に嘘をつきたくなかったし、緊張しすぎて、頭が使えませんでした。

だからペラペラ本当のことを言ってしまいました。
男性が苦手で、男性と付き合ったこともほとんどなくて、男の人が何考えてるかわからなくて、一緒にいるだけでちょっと緊張する、と言ったんです。
馬鹿にされるだろうなと思いました。
でも彼は、なぜか私を気に入ったようで、連絡先を聞かれました。

 “経験なし”が最強の武器に

その後何度かデートに誘われて、付き合うことになりました。
彼にどこが良かったのと訊いたら、意外な答えが返ってきました。

男性が苦手で、男の人とあんまり遊んだことがない、という事実が、すごく可愛かったそうです。
かなり意外でした。

私は自分のことを、20代も半ばになって男の人と全然遊んだことがないなんて、世間知らずもいいところだと思っていました。
でも彼にとっては、男性といると緊張したりちょっと苦手だったり、というところが魅力的だったようです。

その後も、何度か男の人に自分は男の人が苦手で、全然話したことなくて…と本当のことを言うと、可愛いと言われたりものすごく優しくされたりしました。

もちろん様々な男性がいるので一概には言えませんが、男性が苦手ってことがめちゃめちゃ可愛いと感じる男性は結構多いみたいです。
もしあなたが男性を苦手と思っているなら、見栄を張らずに「苦手です」と言うと、案外あっさり落とせますよ。

自分のコンプレックスは最強の武器にもなるんです。
飾らないあなた自身を好きになってくれる人が絶対にいるはず!
そのためにも、コンプレックスを持っている自分に対しも卑屈にならず、自分を大事にしてあげてくださいね。

オススメNews