歳下男子を落すコツ!絶対にやってはいけないことって?

歳下男子を落すコツ!絶対にやってはいけないことって?

私は今まで年上大好きで年上の男性ばかり恋人にしていましたが、ある時ふとしたキッカケで歳下の人が好きになりました。
歳下の男性を落とすテクニックは、年上男性のそれとは全然違います。
そこで、ここでは歳下の男性を落とすテクニックについてお話します!

 歳下の男性に絶対やってはいけないこと

彼が歳下男性だと意識している女性が取ってしまう行動として、姉や母親のように振る舞ってしまうことがあります。
これは、彼に恋愛対象として見てもらいたいなら一番のタブーです。

また、もう一つやってしまいがちなことが、相手を下に見ることです。
歳下男子が年上の女性よりも知識や経験が劣っているのは当たり前で、それをいちいち指摘するのはナンセンス!
なのでもし相手が無知な言動をしても、見て見ぬふりをしたり優しく教えてあげるくらいの気持ちの余裕が必要です。

 歳下の彼に意識してもらうためには

歳下の彼に自分を恋愛対象として見てもらうために一番大切なことは、彼を頼りにしてあげることです。
「歳下だからこんなことはできないだろう」とか、「頼りないから自分でやっちゃえ」と思うのは歳下の男性と恋愛したいと思っているなら危険。
歳下であろうが彼も男性の一人です。
異性に頼られて嬉しいのは当たり前ですし、それは自分よりも年上だろうが歳下だろうが関係ないんですよね。
むしろ、自分よりも年上の女性に頼られることは、歳下の女性に頼られるよりも嬉しいものなんです。

特に、彼が得意だと自ら言っているようなことはどんどんお願いするのが◎!
頼られている=信用・信頼されている証拠、という風に受け止めてもらえるので、何か頼み事をするだけでも距離が近くなったと感じやすいんです。
それに、自分に頼ってくれる異性というのは可愛いものらしいです。
しっかり者なお姉さんタイプの女性には少し難しいかもしれませんが、自分で全部やるのではなく敢えて彼に頼み事をするのがベスト!

 同じ目線で楽しむことも大切♡

歳下男性との交際は、女性が半歩だけ先を歩くような感じになることが多いと思います。
何でもこちらがやってあげたりせずに、できれば一緒にやってみるくらいのゆっくりした気持ちがあった方が交際は上手くいきます。

私も初めて歳下男性と交際した時は自分のうまい立ち位置が掴めませんでした。
でも試行錯誤した結果、いつもは相手と歩調を合わせて、必要な時だけ引っ張ってあげるのが今の私たちにはベストな関係です。

歳下の彼を好きになったり付き合うことになったら、「年上だから」としっかりするのではなく、年齢を気にせず一人の男性として甘えてあげるのが一番いいのかもしれません。

オススメNews