医者の彼をオトす恋愛テクをご紹介♡

医者の彼をオトす恋愛テクをご紹介♡

私は現在31歳であり、10歳上のお医者さんとお付き合いしています。
彼は代々医者家系であり、医大も私立を卒業して、そのまま大学院まで卒業している良いお家の息子さんです。

私は元々彼の患者でした。
一般的には医師と患者の関係で恋愛関係が始まる可能性は低いとされています。
実際、私は彼に片思い中だった頃、色々なネットのサイトを見て医師と患者が恋愛関係になれる秘訣を探しましたが、どのサイトでも大概は患者は医師に相手にされないから諦めた方が良いと書いてありました。

ですが、大勢いる患者の一人でしかなかった私がどのようにして医者の彼を落としたか、そのテクニックを紹介したいと思います。

 まずは少しでも距離を縮める

私は決して容姿に優れているわけではありませんし、特別スタイルが良いわけでもなく、特に医療従事者でもないごくごく一般的な普通の女性です。
今の彼と出会うまでも年上の男性とばかり付き合ってきました。
私が相手を落としたい時にまずするのは、男女を意識して仲良くなることよりも、まずは相手との距離をどんな形であれ縮めることです。
特に医師と患者の場合は、彼が私を患者としてだけみている限り、恋愛は始まらないと思っていました。

私は入院していたのですが、他の患者さんよりも目立つように、診察や病気以外のプライベートなことでもどんどん話しかけるようにしました。数週間後には、他の患者よりは少し目立つ患者だったと思います。

 SNSを活用

いくら患者として親しくなったとは言え、いきなり連絡先を聞くのはハードルが高かったです。
そこで、彼が共通のSNSを利用していることを知っていたのでそのサイトを通じて彼にお礼のメッセージを送りました。
ラッキーなことに、私は彼と共通の知り合いがいました。
SNSで友達関係になったり、共通の知人がいる事で安心感を与え、彼の警戒心を解くことができました。

そしてその患者かつ友達関係のまま半年ほどは少しずつ仲良くなることに専念しました。
もちろんそれと同時に自分を磨くことにも努め、お肌のお手入れやヘアケア、また医者の彼にふさわしい彼女になるようにお料理を勉強。
せっかくSNSで繋がっているので、そのお料理などを投稿したりして彼の反応を見ていました。

 一気にアプローチ!

しばらくその状態で仲良くなり、次第に彼の好みのタイプが分かってくるようになりました。
彼は甘えてくれる人が好きということだったので、患者かつ甘えん坊の妹の位置づけになるような行動をとりました。
男性とメッセージをしていると、自分に対して好印象を持っているかどうか、距離が縮まっているかどうかなどを大体読み取ることができると思います。
素っ気ない感じで丁寧語のメールから、少しフランクな口調で顔文字を使ったメールに変わっていくなど変化が見られてきました。
ここまで来たら成功率は80%以上!
私は通院が最後の時にメッセージで思い切って告白しましたが、もちろん成功しました☆

その時から彼とお付き合いしていますが、男性と上手くいくコツは相手を上手に持ち上げることだと思います。
どんな男性であれ、女性から頼りにされている、かっこいいと言われることに対し嫌な気持ちがする人はいないので、不自然ではない程度に上手く男性をほめる。
これが一番の秘訣だと思います。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

オススメNews