別れた彼は最高の友達。

別れた彼は最高の友達。

私はこれまで付き合ってきた男性とは全員、別れてからも良好な関係を築いています。
良好な関係というのはいわゆる『友達』ということですが、普通の友達関係よりも近しい関係のような気がしています。

というのも、お互いを知り過ぎるほど知っているので気楽であるということもありますし、お互いにいろんなことを相談しやすく、アドバイスも深いように思います。
また、一時期でも密接な関係であったせいか、完全に友達というよりも異性として意識する部分もあって、女性ホルモンを刺激されるような場面もしばしばです。

私は結婚していますが、今一番仲良しの友達も、以前付き合っていた男性です。
5年付き合って別れました。
彼とはしょっちゅう会って、飲んだり遊びにいったりしています。

旦那も彼と会った事がありますが、彼が私の元彼というのは内緒です。
でも彼に会う時は、旦那にもちゃんと「○○くんと会ってくるね」と言ってでかけます。

彼にももうすぐ結婚する彼女がいて、その彼女と私も会ったことがあります。
彼は、別れた彼女と友達になるタイプではなかったそうで、私が唯一の存在なようです。

彼との関係を一言で表現するのならば「友達以上恋人未満」でしょうか。
一緒にいると楽しいし気を使わないしラクだけど、ちゃんと女性として扱われている感覚があって、私にはすごく心地よいのです。
酔っ払ったら送ってくれるし、転んだら助けてくれるし、挫折したら慰めてくれるし、わがままをある程度許してくれるし、恋人同士たっだときの空気感がなんとなく漂っていながら束縛がないので自由なのです。

時々、こんな良い関係なのになんで別れたんだろうねという話になりますが、責任や束縛がないからこそ楽しいのだとお互い理解しています。
だからこそ逆に、この絶妙な関係を崩さないように注意はしています。
絶対に身体の関係は持たないですし、相手の生活を尊重しあいながら執着し過ぎないように心がけています。

私は彼の幸せを願っているし、彼も私の幸せを願ってくれています。
それぞれの生活をちゃんとやってこその関係であるという意識は、彼も持っているのだと思います。

そんな彼との関係があるからこそ、私は女性としての自分を意識し続けられていて、旦那との生活にも潤いがでるし、落ち着いた生活の大切さをより感じる事ができています。
いつまでこうして過ごせるかわかりませんが、彼とは年寄りになってからも「茶飲み友達」でいられるといいねと話しています。

オススメNews