元カレとのヨリを戻したい…別れから復縁までの成功3STEP

元カレとのヨリを戻したい…別れから復縁までの成功3STEP

彼氏に振られてしまってそのヨリを戻したいと考える女性は結構いるかもしれません。
去るものを追いたい気持ちはよくわかりますが、攻めすぎていては復縁は叶わない可能性があります。
この記事では私が試してみて効果があった方法をまとめてみました。

 1.少なくとも2,3ヶ月は連絡をしない

失恋して少ししか間が開かないと、彼氏もこちらも何かと気が立ち気味です。
連絡したことで嫌な思い出がぶり返してしまったり、そんな自分に嫌気が差してますます辛く当たってしまうこともあります。

そのため、別れてからすぐに連絡を取るのはあまり得策とは言えません。
どんなお付き合いをしていようが、少なくとも2,3ヶ月のクールダウン期間を設けるのがいいでしょう。

2,3ヶ月くらい経っても気がまだ落ち着かないという場合は、それよりももっと間を置いても構いません。
ですが間隔が開き過ぎても連絡先を変更される・ブロックされた挙句友達解除されるなんてこともあります。
なので彼のことが気になるなら最低2,3ヶ月空けて、長くても半年後くらいまでに連絡を取るといいかもしれませんね。

 2.連絡が取れてもがっつかない

運よく彼から返信があれば、復縁を望む人からしたらとても嬉しいことでしょう。
しかし、ここですぐに返信をするのは要注意です。
まだ付き合っていた頃を引きずっている、余裕がなさそうだと思われ、引かれる可能性もあるからです。

もしメールや電話などの返事があったら、すぐには返さないで時間をちょっと置いてから返事をするといいでしょう。
数ヶ月経ち、こちらも彼のいない生活に順応し始めていることを態度でだけは示しておきます。

付き合っていた頃すぐに彼に返信していたような人なら、なかなか返事が返ってこないという変化に対して彼も「あれ……なんか変わった?」と思うようになります。
返信がない間、一人でなんとかやってるんだろうか、まさか新しい男でもいるんだろうか、と色々考えるでしょう。
復縁できるかどうかは、返信を促すような態度を取り続けられることがカギになります。
だからすぐにでも返信したい気持ちを我慢して、数時間~1,2日くらい経ってから返事をすると相手に不安と興味を抱かせることができます。

3.うまく会えたら付き合う前のような距離感を保つ

最後に、もし再会まで漕ぎ着けたなら恋人時代の近い距離感は封印して振る舞います。
いきなり彼氏と恋人になる人はレアケースでしょう。
友達同士・先輩後輩の仲だったなど、恋人に発展する前に何らかの関係があるはずです。
その時の距離感をよく思い出してください。

その時は例えばこちらから馴れ馴れしく手を繋いだり、かばんを持ってくれて当然みたいな態度は取っていなかったことでしょう。
男性は恋人時代の彼女のことをすぐには忘れられないものです。
そんな彼女がいきなり距離を置き出したら、男性も多少は胸騒ぎを感じてくると思います。
そして今付き合っている人がいるのか疑問に思ったり、こちらと付き合っている時のことを懐かしんでは今の状況を寂しく思ったりするわけです。

4.まとめ

以上、復縁をしたい時に試してみてほしい秘訣でした。

一度振られてしまっても、また心を揺り動かすような言動をこちらがすれば彼もまた振り向いてくれる可能性があります。
確実にヨリを戻したいのなら、こちらのメールマガジンをご登録ください。
復縁の可能性をグッと上げる特別なノウハウをお送りしています。

オススメNews