バリキャリ女子必見!憧れの社内恋愛も可能なモテテク

バリキャリ女子必見!憧れの社内恋愛も可能なモテテク

仕事に夢中になりすぎて、至らない後輩につい強く叱責してしまったり、周囲に責任感が強すぎるというとっつきにくい印象を与えてしまったり…
バリキャリ女子の悩みは、社内恋愛に憧れていてもそれが上手くいかないこと。

特に、20代後半から30代にかけては、女性でも徐々に責任のある仕事を任されるようになります。
憧れの社内恋愛も、現実は仕事が多忙すぎてつい仕事優先になってしまうこともありますよね。

男性はいるはずなのにきっかけがなかったり、「まじめすぎる、仕事にストイックすぎる」という印象を知らずのうちに与えてしまっていることも。
仕事をバリバリこなす女子には、男性も話しかけづらいものです。

ですが、バリキャリ女子にしかできないモテテクニックもあります!
自分を恋愛に向いてないと諦めてしまう前に、ぜひこのテクニックを使ってみてくださいね。

その方法とは…
バリキャリ女子特有の気難しい印象を逆手にとるという方法。

いくら多忙と言っても、社内で親睦の一貫で飲み会が開かれたり、また休憩時間に男性社員と話す機会などはありますよね。
そんなときに、いつもの仕事の鬼のような印象の自分ではなく、
「仕事の話以外で接してみたら気さくで優しい人だった」
「実は冗談が好きで明るく面白い人」
「意外にドジな一面があった」
など、男性が思いもしなかった一面を見せると、男性もその意外性に心が動きます。

普段優しい人がそのまま優しい態度でも、それが当たり前になってしまうものです。
でも、ちょっと冷たい印象の人が見せる優しさや意外なかわいらしさは、「本当は違う一面もある人、女性らしい人」というインパクトを強く与えます。

なかなかそういう明るい面を表現するのは難しいと思う人もいるかもしれませんが、どんな人にも悩みの一つや二つあるものです。
特に、仕事にまじめな人なら仕事のことで悩みがある人もいるでしょう。
休み時間などに、男性社員の話に同調することから始めましょう。
また、「実はこんなことで悩んでいるんだけど、相談に乗ってもらえる?」と男性に頼るような感じで会話に持ち込むと、話が分かる人と思ってもらます。
しっかりしているようでも、男性を頼りにしているのだという女性らしいか弱い一面を印象付けることもできます。

独身の男性に対してはもちろんですが、既婚の男性にもそういう意外な一面を知っておいてもらうと、その男性の独身の友達を紹介してもらえるなど、出会いのきっかけをつかむことも可能です。

気づいたら仕事が恋人のようになってしまっている人でも、その印象を逆手にとれば、男性に好印象を与えモテることは可能です。
諦めずに自分のいつもと違った一面を表現して、恋も仕事も両立させましょう♡

オススメNews