夏の定番花火大会で彼を惚れさせるテクニック♡

夏の定番花火大会で彼を惚れさせるテクニック♡

恋愛に「季節やイベント」が大きく関係しているのはご存知ですか?
恋愛をしたい、と考えるタイミングは人それぞれかもしれませんが、きっかけ次第で恋愛に発展することもあるのです。
そのきっかけに「季節やイベント」が大きく関わっています。
季節やイベントに対応した恋愛テクを使えば、意中の相手を振り向かせることも可能になるのです。

そこで今回は、夏だからこそ使える恋愛テクを紹介します。

 定番イベントは花火大会!
夏のイベントにも色々ありますが、「花火大会」は大きなイベントの一つですよね。
花火大会は、普段とのギャップを見せるにはもってこいのイベントです!
特に欠かせないアイテムは浴衣。

中には普段着で花火大会に行こうと考えている人もいるかもしれませんが、ギャップも見せられますし女らしさも同時にアピールできるので、ぜひ浴衣を着ていくのがおすすめです!
さらに、浴衣を着ると自然と歩幅が小さくなるので、これも普段とのギャップとして相手にアピールできます。

 髪型・色選びも重要!
髪型も浴衣に合わせて、なるべくうなじを見せることを意識しましょう。
浴衣の色は、事前に意中の相手が好きな色をリサーチ!
ただし、自分に似合う色とそうでない色がありますので、そこは注意しなければいけません。

また、黄色は元気な印象、紺色は落ち着いた印象など、色によって相手に与えるイメージも変わります。
相手の性格に合わせた色の浴衣を着るのも、色選びのポイントの一つです。

花火大会のときに、「花火を見ながら何を話せば良いのかわからない」と悩むこともありますよね。
でも、お喋りを楽しむのは花火が上がるまでで十分。
花火が上がり始めてしまえば、「綺麗だね」や「大きいね」など、花火に対する感想を言い合っている間に、案外時間が過ぎているものです。
開始から終了まである程度の間隔で上がり続けますし、種類も様々ですので、それに対する感想に困ることも少ないので安心です。

 花火を見ているときも注意!
花火を見るときのポイントは、常に見られている、ということを意識することです。
自分のことは見ないだろう、と力の抜けた顔をしているのはNG!
花火を見ている自分を見ている可能性も大いにありうるからです。

暗い中で花火が上がると、その光によって顔はよく見えます。
その時に感動してキラキラした目をしているか、力の抜けた顔をしているかでは、相手に与える印象が全く違います。
花火を見ているときも気を抜かず、しっかりアピールしましょう。

夏のイベントだからこそ使える恋愛テクを思う存分使って、意中の相手を振り向かせてくださいね♡

オススメNews