合コンの出会いを1回で終わらせない!2回目のデートに繋げる方法

合コンの出会いを1回で終わらせない!2回目のデートに繋げる方法

合コンに行く機会があっても、そこから何かしら発展がないとなんだか行っただけ損した気分になってしまいますよね。
ちょっといいなと思った人がいても、なかなかそこから次に繋がらない…ということも。

そこで今回は、合コンで気になる彼にアプローチしつつ、2回目のデートにスムーズに行く方法をご紹介します。

 合コンの座り位置
合コンの座り位置
席が男女交互になるときは、できるだけ意中の人の隣に。
男女対面になるときは斜め前に座るようにしましょう。

なぜかというと、正面に座ると相手の顔がよく見えるのですが、位置関係で言うと一番緊張をしやすい位置だからです。
緊張しやすい位置にいると、意中の人に対して一番いいパフォーマンスができませんし、相手もこちらに対して初対面である上にさらに身構えてしまう可能性があるからです。
こうなると、なかなか話が弾みません。

ところが横に座ると、相手の顔が見えないので緊張がしません。
また見ようとしなければ見えないので、ふと目が合ったときに特別感が増します。

ちょっとしたときに、肘が触れたりするのも好感度があがる秘訣です。
料理を取るときも、さりげなく、あくまで「ついで」を装えばガツガツに狙っている感じがしないので、親近感を持たれやすいです。

横に座るよりは相手の顔が見えますが、対面の場合も同じような効果が得られます。
横に座った場合、取り分けることは難しくなります。
ですが、積極的にかかわるそぶりを見せると「もうちょっと喋りたい」と思わせることができ、連絡先をゲットしやすくなります。

 合コンのあとの連絡も積極的に!
合コンのときに全員の連絡先を交換することになった場合は、その場で終わらないように意中の人には帰ってから連絡を入れましょう。
相手から誘われるのを待っていると自然消滅してしまうので、自分から誘います。

そのときには合コンでの出来事が楽しかったこと、もっと喋りたいと思ったことを伝えます。
男の人がちょっとキュンとくるような、可愛いスタンプがあるといいですね。

それかインパクト重視の面白系スタンプも良いです。
面白い子が好きな人なら面白系スタンプを送られると特に意識をするみたいです。

 2回目のデートではお店の候補を出す
デートに誘って相手がOKをしてくれたら、お店の候補を2~3用意します。
1つだと相手の好みがわかりませんし、4つ以上になると選びにくいからです。

お店は和、洋、中で一つずつ、だいたい1000円から1500円程度で足を運びやすいところにします。
2000円以上になるとお金が掛かる女に見られるし、1000円以下だと反対に安っぽく見られます。
あとは行ってみてからのお楽しみ、と言ったところです。

合コンは色々な人に会えますが、初対面の人に短い時間で会話をしなくてはならないため次に繋がりにくいです。
そのため、ちょっと気になる、とか、嫌じゃなかったレベルで2、3回会えるようにすると恋愛に繋がりますよ。

オススメNews