LINEで彼の気持ちを惹きつけるテクニック♡

LINEで彼の気持ちを惹きつけるテクニック♡

今もっとも身近て手軽にコミュニケーションツール・LINE。
LINEを使わないという人はもうほとんどいないのではないでしょうか?

今回はそんなLINEを使った恋愛テクニックをご紹介します。

 LINEのペースを相手に合わせる
意中の男性にラインをするときは、まず相手のラインのペースを探ります。
気になる男性相手だと何回でもラインをしたくなるのですが、その気持ちのまま行動をすると「重い」女になりがちです。

ラインのペースが相手より早すぎたり、既読スルーが気になって返事の催促をしてしまったりするのもNG。
好きになった人にアピールしているつもりでも、相手からしたら迷惑になってしまうこともあるのです。

気になった男性にラインをするときは、
「ラインをしてもいい時間帯ある?」
「どれぐらいのやりとりだったら大丈夫?」
など、事前に聞くようにしましょう。

初めてラインで連絡を取るときは、「これからラインでときどき絡んでもいいかな?」と自分が相手にしたいことを積極的にアピールします。
断られたときは粘らず
「そっか。残念だな」
と軽く返します。

ただ、相手に何かをしてもらったり、会えたりしたときは
「ありがとう」
「今日は会えて楽しかった」
と、帰ってきてからラインで気持ちを伝えます。
もちろん、実際に会っているときもアピールしていることが前提です。

会ったとき、家に帰ったときと1日に二回送ると特別感が増します。
でも、気持ちを伝えるという行為なのでウザがられることはほぼありません。

会いたいときは、さりげなく「○○というお店に行きたいんだけれど一緒に行かない?」とか、「この間行ったお店にまた行きたいな」と言うと案外次のデートに繋がります。

 文字の使い方
基本的には面白系のスタンプを使いつつ、ときどき相手がドキッとするようなハートマークを入れてアピールをすると効果的です。
絵文字、顔文字の量も、なるべく相手に合わせるようにしましょう。

面白系スタンプは8割使っています。
面白系スタンプを使うとそれだけで話題になります。

メッセージは長々と書かないように注意です。
ラインの文字は拡大できないので、だらだらと書いていると読み飛ばされてしまう恐れがあります。
できるだけ短い文章で送ります。

ただし、短い文章を何回も送ることは避けましょう。
何回も通知が入り、うるさく感じられてしまうからです。

長々とやりとりが続かないように、こちらから「続きは明日にしよう」と提案をすると、「もっと話したかった」と思ってもらえますし、気遣いができる子という演出も同時にできます。

いかがでしたか?
LINEを上手に使って彼にアピールしてくださいね。

オススメNews