本能に基づいたアプローチで彼を射止める方法

本能に基づいたアプローチで彼を射止める方法

恋愛テクニックというより本能にもとづいたアプローチというのは存在します。
人間には生存欲求というのがり、どうやっても生き残るために無意識に行動してしまうことや自然に思ってしまうことがあります。
たとえば、他の女性に彼をとられたくないという嫉妬や攻撃的な行動がそれに当てはまります。

今回は男性の本能に基づいたアプローチ法をご紹介します!

 趣味を相手に合わせない
どんなに好きな人ができても、相手の趣味に合わせることは大して重要ではありません。
むしろ合わせない方が有利です。

まずファッションですが、ほとんどの男性は自分の色に染めたがります。(ある程度着るものにこだわりがあったりセンスのいい人なら)
気になる女性には自分の好みを伝えてくる男性もいますが、そこは自分のファッションを貫きましょう。
すると嫌われるかと思いますがその逆で相手はすごく喜ぶのです。

モテる男ほど自分のファッションに主体性のある女性を好む傾向があり、それでも自分の色に染めたがります。
しかし、この時点で相手の心をすでに掴んでいるのです。

ただしポイントで大切なのは“女らしくセクシー”であるか。
これをセダクション効果というそうですが、男は女をセクシーだと思う瞬間があることを忘れてはいけません。

自分の親や会社の上司などに会わせても大丈夫だと認識する女性のファッションであることも重要です。
まだ結婚まで考えていなかったとしても、良識ある大人の男性なら、ファッションが女性にとって何を意味するか知っているからです。

そういうファッションはよく分からないと思うときはCANCANやANECANなどのモテファッションを自分仕様で研究し取り入れてみましょう。
男性にとって大切なのは社会的成功と心安らぐ存在なのです。
要はわかりやすいことも大切です。
よほどのスノッブでない限りは。

 主張しすぎない
主体性は大切ですがあまりにもバイオレントな女性は日本でも海外でも嫌がられます。
気の強い女性は仕事が評価されたりカッコいい印象があるかもしれませんが、そうした女性はいくら美人でも「モテ」とは縁遠いのです。

そしてものすごく重要なことですが性的に積極的すぎる女性は遊び相手として以外は相手にされません。
下ネタに入ってくる女性も嫌がられます。
これはモテる男ほど共通している特徴です。

まとめると女性らしいセンスのよさをアピールすること、性的に積極的にならないことがいつも本命としてモテるための条件だと思います。

オススメNews