お子ちゃまな恋愛は終わり!大人の男性を虜にするテクニック

お子ちゃまな恋愛は終わり!大人の男性を虜にするテクニック

もうお子ちゃまな恋愛はやめにして、大人の恋愛してみませんか?
今回は大人の男性を虜にするテクニックをご紹介します。

まずはじめに、美人や可愛くないと男性は虜にできないと思っている方はその概念を捨ててください。
美人、可愛い、スタイルが良いというルックス面での美貌は男性を虜にするためには大きな入り口にはなりますが、実際のところルックスは所詮ルックス。
男性を惹いて離さない内面を持った人には敵いません。
男性を虜にするためにはルックスは簡単な判断材料でしかないということなのです。

 最も効果がある恋愛テクニック
どんなタイプの男性にも効果があるテクニックで最も重要なのは、聞き上手であるということです。
男性に好かれるには喋り上手であるよりも、聞き上手な方が断然好まれます。

聞き上手に徹すると、話上手な男性は「俺の話ってそんなに面白いんだ」と自信がつき、話下手な男性は「俺の話を一生懸命聞いてくれてる」と感じ、無口な男性は「無理に会話を押し付けてこなくて心地いい」と感じてもらえます。

ここで注意すべきなのは、聞き上手=自分は喋らないと結びつけないことです。
聞き上手になるためには、それなりの相槌とコメントが必須です。

適度なリアクションがなければ「ただ適当に聞いてるだけ」になってしまい男性は離れて行ってしまいます。
仕事でもプライベートでも、自分のわからない話、知らない話でも聞き役に徹することに最も気を付けましょう。

たとえ男性から「さっきからうなずいてるけど、この話わからないでしょ?」と言われても「わからないけど、とっても話し上手で興味深いから教えて?」などと言うと、男性は益々話に拍車をかけて喋り出します。

興味がなくてもわからなくてもいいんです。
男性は女性の「教えて」に非常に弱いのです。
大人の男性は「俺がいなきゃ」とか「仕方がないな、教えてやるか」が大好きです。
知っている話でも、私知ってるよと話の腰を折らず「教えて」の姿勢で聞き上手のなることで、男性に「可愛いな」と思ってもらえます。

 単なる“お気に入りの女性リスト”から抜け出す方法
これだけでは男性にとって単なる「お気に入り」にしかなりません。
お気に入りから「大好き」な存在になるには、いつでもあざとく純真無垢であるということです。

たとえば、一緒に食事をするときは美味しそうに、一緒に過ごす時間はニコニコと楽しそうにと振る舞うことです。
学生さんやお若い男性は「小食な女の子が可愛い」とよく言いますが、これはまだまだ恋愛偏差値がお子様だからです。

小食ですぐにお腹いっぱいになり、お腹がいっぱいになったらつまらなさそうに時間をやり過ごす女性のどこが可愛いのでしょうか?

大人の男性は美味しそうにいっぱい食べる女性は大好きです。
自分の選んだお店のお食事を美味しそうに喜んで食べる可愛らしい女性なら、また次回もお食事に連れて行ってあげたいな、もっとデートしていろんな表情をみたいなと思われます。

いかなるときにも純真無垢を装い、その場を一緒に楽しむ姿勢のある女性を男性は離したくないと感じます。

ここで注意なのが、純真無垢=おバカさんではありません。
きちんとメリハリをつけて、楽しむ時にはしっかり楽しみ、真面目なときにはキリッと真面目にとギャップは必要です。

この二つのテクニックに力を入れれば、大人の男性は心底可愛がってくれて愛してくれます。
是非、実行に移してみて下さい。

オススメNews