いい女を逃した…と元カレに思わせる方法とは?

いい女を逃した…と元カレに思わせる方法とは?

好きな人とお別れするのって辛いですよね。
自分から別れを告げたにしても相手から別れを告げたにしても、なぜかやっぱり彼のことが気になってまた会いたくなってしまった…。
そんな別れてしまった彼といい関係でいられる方法について一緒に考えてみませんか?

 【どんな別れ方をしたのか?】
女性側のわがままで好きなお相手から別れを告げられることはよくあるもの。

親しくなって深い関係になったからこそ、愛情がエスカレートしてついつい激情型のケンカをしてしまった。
これは初めてのことならば「取り返し」がつく場合もあるのですが、やはり「親しき中にも礼儀あり」。
傷つけてしまったり逆鱗に触れてしまった場合には時間をおかなければなりません。

謝るのは早い方がいいかもしれませんが、お互いに感情が波打っているうちは連絡は控えるほうがベストです。
しかし、ひどいケンカ別れでなければ時間が経ってから「いい関係」にもっていける可能性はあるのです。
この場合のいい関係とは恋人ではなく「人間同士」と考えてくださいね。

 【相手の悪口は言わない】
好きな相手も執着の気持ちが多すぎると自分の所有物のようになり、ついつい悪口をいってしまうという女性も多いものです。
そんな何気ない言葉や感情は、風に乗って彼の元に届いてしまうんですよ。

別れてもいい関係を築きたい場合にはむしろ彼のいいところを思い出し、話題が出たときにもいい噂話をしてスルーできるくらいになっていましょう。

 【自分の時間を満喫しよう】
彼氏と別れるとさみしさを実感するものではありますが、それは彼への「依存度」が高いからということも原因です。
お別れしてからは何も手につかない、食べられない、眠れないでは「いい関係」の女性にはなれませんね。
自分を見つめなおして再出発することを大切にしましょう。

「なんか別れてから輝いているな。良い女を逃してしまったのかも…」と感じさせるくらいになりましょう。

 【肉体関係は持たない】
お別れして時間をおいて、自分の気持ちが安定したとき、ふと彼から連絡がありまた会えるようになれるということはよくあります。
男性というのはさみしがりやで元彼女を思い出す人が多い性質があるからです。
でもそこですぐに「肉体関係」を持たないように気を付けてください。

一度はケンカやトラブルがあってお別れした相手です。
有利や不利という言葉はあまり使いたくはありませんが、女性が別れた男性とまた会って「焼けぼっくいに火」というのはセフレに降格してしまう危険性が高いのでおすすめできません。

 【まとめ】
「一度別れた相手なのだ」と冷静になる、ということを忘れないようにしましょう。
しかし、真剣に恋愛関係になれた男性というものは長い生涯の友達であり理解者や協力者に変わっていける存在なんです。
歳をとって茶飲み友達の男性になれたら最高ですよね?

いい関係になれる女性はとても魅力的ですし、理性的で大人な女性です。
別れてもいい関係を築いていける女性は、必ずもっと素敵な恋愛をできるようになるはずです。

オススメNews