いい雰囲気の気になる彼とのデートに使えるテクニック4つ

いい雰囲気の気になる彼とのデートに使えるテクニック4つ

まだ、恋人になっていない彼…。
「いい雰囲気だとは思うんだけど、イマイチ決定打に欠けていて、自信が持てない」なんてことありませんか?
今回は、そんな気になる彼とのデートに使えるテクニックを4つご紹介いたします。

 デート前のLINEやメールは、デートの内容を!
デートは、大抵の場合は男性がエスコート側です。
きっと、彼はあなたの意見を取り入れながら一生懸命デートプランを練っています。
当日のデートのメインスポットが決まっている場合は、デートがとっても楽しみだということをアピールしましょう。

彼は、当日のデート内容を何度もシュミレーションしてどのようにあなたをエスコートするか一生懸命考えているのに、デート前からそっけないと男性側のテンションも落ちてしまいます。

しかし過剰にアピールしすぎるとプレッシャーに思う男性もいるので、デートの少し前くらいから「今度のデートが楽しみ♪一緒に行けて嬉しい!」という気持ちをさりげなく伝えるようにしましょう。

 当日はにっこり笑顔で
デート当日は、メイクやファッションなど気合を入れていると思いますが、一番重要なのは笑顔です。
やはり愛嬌のある人の方が人間好感を抱きやすいもので、笑顔になるだけで彼に好意をアピールできます。
「デートが楽しい」、「一緒の時間が過ごせて嬉しい」などの気持ちを笑顔で伝えてみましょう。

あなたに対する彼の気持ちは、グッとあなたの笑顔の魅力に引き寄せらること間違いありません。
2人だけのデートなので緊張する場面もあると思いますが、なるべく笑顔でにこやかに過ごすようにしましょう。

 デート当日のスマホはマナーモードかサイレントモード
実は、デート中のスマホの通知音を切ることは重要なことです。
デート中、いい雰囲気のときにLINEの通知音が「♪ピロン」と鳴ったら、萎えませんか?

特に男性は、頑張ってあなたをエスコートしているわけですから、そんなときにいい雰囲気を壊してしまうとせっかくの気持ちが急転直下の勢いで冷めてしまいます。

しかも、頻繁にLINEの通知音が来ると彼から「別に男がいるんじゃないのか?」とか、「スマホ依存症なのかな?」と思われたりする危険性もあります。

そんなことを避けるためにも、彼と待ち合わせで合流したらスマホの通知音を切るようにしましょう。
どうしても必要なときには、彼がスマホをチェックするタイミングで自分も確認したり、お手洗いのタイミングでちらっと確認することをおすすめします。

 帰りは、すっぱりと帰る
デート終盤になり、「彼ともっと一緒にいたい!」と盛り上がることだと思います。
しかし、そこは予定通りすっぱりと帰るようにしましょう。

グダグダと一緒に居すぎて、するつもりはなかったのに体の関係を持ってしまった…なんてことになる可能性もありますよね。
男性は、極端な話「気になる女性とセックスがしたい」という欲求を常に持っています。

そこで体を許した場合、それまでのあなたの付加価値(=あなたとセックスがしたいという気持ち)はなくなってしまいます。
そのため、彼と付き合う前に体だけの関係になってしまう可能性も十分に出てきます。
そんな事態を防ぐためにも、きちんとしたけじめをつけてデートからはまっすぐ帰るようにしましょう。

 

恋愛以上恋人未満の関係は、自分の行動ってこれで大丈夫なんだろうか?と迷うことがありますよね。
しかし、デートをする時点で彼はあなたに一定以上の好意を抱いていることは確かです。
きちんとデートで彼の気持ちをがっちりと掴んで、彼の彼女になっちゃいましょう♡

オススメNews