こんなはずじゃ…楽しいだけじゃない、同棲のデメリット3つ

%e3%81%93%e3%82%93%e3%81%aa%e3%81%af%e3%81%9a%e3%81%98%e3%82%83%e6%a5%bd%e3%81%97%e3%81%84%e3%81%a0%e3%81%91%e3%81%98%e3%82%83%e3%81%aa%e3%81%84%e3%80%81%e5%90%8c%e6%a3%b2%e3%81%ae%e3%83%87

大好きな彼との同棲に憧れる女の子はたくさんいますよね♡
毎日ずっと彼と一緒にいられるんだ…♡と、想像しただけでも幸せですよね。

ですが、同棲もいいことばかりではありません!
今回は同棲のデメリットについてご紹介します。

 疲労とストレスが溜まりやすい
仕事や学校に行きながらの同棲は、慣れるまでは仕事と家事をこなすことに必死になります。
まずそれだけで疲労とストレスが溜まっていきます。

もちろん家事を手伝ってくれる男性もいますが、多くの男性が家事を彼女に任せっきりにしているんだとか。
起きたら彼の朝ご飯を作って、彼を起こしすぐ仕事に行き、1帰宅をしてすぐに夕飯作り。
洗濯や掃除も毎日。
毎日家事も仕事もとなると、同棲生活が楽しいだけのものでないということが分かります。

 価値観の違いにぶつかる
2つめのデメリットは、金銭問題や育ち方の価値観です。

育ってきた環境は人それぞれ全く違います。
一緒に住んでいると、ほんの小さなことでも勘にさわってしまうことがあります。
着た服をそこらへんに投げたり、食べた物は食べっぱなし、など小さな些細なケンカが増え、自分自身余裕がなくなったり短気になったと悩むことも多くなりがちです。

男の子は特に、実家ではお母さんに甘えてきてしまった人が多いです。
ちゃんと片付けてよ!と毎回言いたくないのに言う女性に対して、男性はいちいちうるさい、と思ってしまうことも。
こうなると、彼女のことを母親のように見てしまうことにもなりかねません。

 お金の使い方や休日の過ごし方の変化
3つめ、はお金の使い方や休日の過ごし方です。

一緒に住むということは、基本的には生活費は二人で工面するものですよね。
2人で貯金しよう、近々旅行に行こう、食費は月いくらまで!と彼と最初に色々な約束をしておくと、無駄遣いをすることがなくなりますよ。
ただ、今まで行っていたネイルなどの趣味に関する出費は削らなければならなくなるかもしれません。
使わない物はすぐに売るなど、お金を工面することについていろいろな工夫を覚えていくと思います。

いかがでしたか?
同棲はただ楽しいというだけではなく、結婚の準備期間と思っていた方がいいかもしれません。
いくつかデメリットもありますが、この人と結婚したい!と思ったらまず同棲をするのがおすすめです!

相手の悪いところ、いいところ、たくさん出てきます。
同棲をして無理だなと思ったらきっと結婚は無理です。

お互いを思いやって、将来もずっと一緒にいたいと思えるような生活ができるようにがんばってくださいね♡

オススメNews