“恋愛に駆け引きなんていらない”は20代前半まで!大人の駆け引きテクニック♡

%e6%81%8b%e6%84%9b%e3%81%ab%e9%a7%86%e3%81%91%e5%bc%95%e3%81%8d%e3%81%aa%e3%82%93%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%89%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%af20%e4%bb%a3%e5%89%8d%e5%8d%8a%e3%81%be%e3%81%a7

恋愛に駆け引きなんていらない!と言えるのは20代前半まで。
大人の恋愛には、やはり少しの駆け引きはエッセンスとして必要になってきます。
今回は、『自分に気を持たせる』テクニックについてお話します。

 相手の目を真剣に見つめる
誰だって、自分に興味があると感じるとその相手に好意を抱くもの。
かっこ良く見せたい、素敵だと思われたいという感情から恋愛へと発展していくことも少なくありません。

そういった『あなたに興味がありますよ』という意思表示で最も簡単なのが、『相手の目を真剣に見つめること』
目がしっかりと合うとどきっとするのは、仕事でもプライベートでも、男性でも女性でも同じこと。

素敵だな、と思う人には必ずまっすぐな視線を送るようにしてみると、だんだんと二人の距離が縮まったり、相手からこちらに話しかけてくることが増えたりということはよくあることです。

特に現代人は、目を合わせるという行為に消極的になりがち。
なるべくなら人と目を合わせたくない…なんていう方もいるのではないでしょうか?

そんな方こそ、本気の恋愛モードのときには、このテクニックを試してみてください。
きっと効果を感じられるはずです。

 連絡は必要最低限の連絡事項のみ
続いては、メールやLINEなどの連絡手段についてのテクニック。
女性は何かとこまめな連絡を取りたがるものですが、逆に男性は文章を送るのが面倒と思っていたり、直接会ったときに話せばいい…など『筆無精』な人が多いもの。

そんな相手に対して長いメールや何通ものLINEを送ってしまうと、その送ってきた相手に対して『面倒くさい』『うっとおしい』などマイナスの感情を抱いてしまいやすいと思います。

相手のタイプにもよりますが、相手が連絡ベタな場合やまだ相手を熟知していない場合は、連絡は必要最低限の連絡事項のみに抑えておいた方がベター。

そのほうが、その後の関係が上手くいくと感じます。
伝えたいことや訊きたいことは、会ったときに直接お話しすればよいのです。

その方が関係も深まりますし、より相手との距離も縮まります。
メールなど無機質な文章では、ちょっとしたニュアンスや表現で勘違いなども起きやすいもの。
そういった余計なトラブルを招かないためにも、会って直接伝えた方が大人の恋愛には相応しいと思います。

『二人の恋愛関係』という視点でもそうですが、大人は何かと忙しいですから、必要性のない喧嘩や諍いは時間も労力も無駄。
そんな勘違いや違和感のきっかけになりやすいメールやLINEは無駄にだらだらと続けず、完結に利用した方が賢明です。

いかがでしたでしょうか?
ほんのささいなテクニックのように感じられるかもしれませんが、恋愛においては非常に大切なポイントです。

どんなテクニックにしろ、最後は生身の人間同士、やはり直接会ったり話したりするのが一番距離を縮めてくれます。
素敵な関係を築けるように、こういったテクニックを恋愛のきっかけにしてみてくださいね。

オススメNews